法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『改憲的護憲論』

S.K

 政権与党から憲法九条に自衛隊を付記する改憲案が出され、改憲案をめぐる国民的議論がますます重要になる中、「護憲派が従来の立場からどんなに批判を展開しても、改憲派と護憲派の争いの焦点が、自衛隊を認めるかどうかにあると国民の目に映るとすれば、圧倒的多数が自衛隊に共感を持っている今、護憲派は見放されるのではないか。だとしたら、護憲派はどんな論点を提示できるのか—。」という著者の深い危機感からたどりついた「改憲的護憲論」を世に問う1冊です。
 「護憲的改憲論」と聞けば、憲法の精神を継承、発展させるための改憲を想像しますが、「改憲的護憲論」という言葉を聞いてどのような内容が浮かぶでしょうか。筆者によると、「改憲的護憲論」とは、「改憲論に共感することも多々あるし、憲法九条には文面として不都合なことがあるのは認めるけれど、結論としていまの文面のままで行くことを選択しようという立場」です。
 著者は、しばしば改憲派が根拠として主張する「どの国にも自衛権はあるのだからそれを明記してもいいではないか」、「自衛隊を否定するような憲法では、国を守るために命を賭す自衛官の誇りが傷つく」、「自衛権が憲法で制約されているので、いつまでたってもアメリカから自立できない」等の主張にも共感できることは多々ある。日本の平和と独立のことを真剣に考え、真面目に改憲を考えている人の意見には耳を傾け、共感をベースにして話し合うことが重要であると指摘します。
 本書では、まず1章で、時代の変遷とともに護憲派と改憲派の対立点がどのように変わってきたかなど、護憲派とはどういう人のことかを検証します。その上で、専守防衛の自衛隊をどう深め、どう定着させていくべきかという視点で、加憲案をどうとらえたらいいかについて述べています。自衛官の抱える矛盾や自衛官の人権制限に伴う不備など、変えるべきことは山積していると指摘し、自衛隊明記により何も変わらないとしたらそれこそ問題であると指摘します。また、発議の段階で「九条の制約は変えない」という答弁が繰り返されたとしても、自衛隊が憲法に明記されることになれば、九条の解釈は大きくかわるだろうとも指摘しています。
 2章では、日本がアメリカの戦争に積極的に加担してきたことを挙げ、「九条でこそ平和は守れる」という護憲派の主張は、現実を正確に反映していないと指摘します。改憲を望む人の多くも日本を戦争する国にしたいわけではなく、平和を願う気持ちから改憲を主張していることを指摘し、「戦争」と「平和」は現実政治において単純な対立関係にないという視点から、侵略戦争と自衛戦争、自衛ではじまった「対テロ戦争」の末路、国際社会において紛争解決のために日本のとるべき立場などについて述べています。
 著者は、共産党の憲法・防衛論の矛盾を分析することこそ、改憲的護憲論が矛盾を乗り越えて前進するうえで必要であるとの考えから、3章では共産党の憲法九条論とそれに関連する安全保障論を過去の歴史にさかのぼって明らかにしています。
 終章では、「改憲的護憲」が矛盾の中にいることを認め、「改憲的護憲」派が国民から支持を得るために必要なことを多角的に述べています。
 補論では、自衛隊の合憲性の問題を長沼ナイキ訴訟の札幌地裁第一審判決と自衛隊イラク派兵差止訴訟の名古屋高裁第二審判決を踏まえ、憲法九条と自衛隊の関係を新しい角度から検討しています。

【書籍情報】
2017年12月に集英社から発行(集英社新書)。著者は松竹伸幸(ジャーナリスト・編集者、日本平和学会会員、自衛隊を活かす会事務局長)。定価は740円+税。

【関連書籍・論文・HP】
書籍『対米従属の謎 どうしたら自立できるか』
書籍『歴史認識をめぐる40章 −「安倍談話」の裏表』
書籍『集団的自衛権の焦点 −「限定容認」をめぐる50の論点』
書籍『新・自衛隊論』
書籍『新・日米安保論』

<法学館憲法研究所事務局から>
松竹伸幸さんは「今週の一言」にもご登場いただいております。
『「日本会議」史観の乗り越え方』





[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]