法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

特集『自衛隊の実像』

T.S

 国民は自衛隊をどう捉えているのでしょうか。朝日聞の憲法世論調査(調査2018年3月14日〜4月25日、記事掲載5月2日〉による自衛隊に関する回答の一部です。

◆あなたは、いまの自衛隊は、憲法に違反していると思いますか。違反していないと思いますか。
 違反している23
 違反していない65
 その他・答えない12

◆安倍首相は、憲法9条の1項と2項をそのままにして、新たに自衛隊の存在を明記する憲法改正案を提案しています。あなたは、こうした9条の改正に賛成ですか。反対ですか。(数字は%)
 賛成39
 反対53
 その他・答えない8
◇(「賛成」と答えた39%の人に)それはどうしてですか。
 自衛隊を憲法に明記することで、自衛隊が海外で活動しやすくなるから47〈18〉
 自衛隊は憲法に違反しているという疑いがなくなるから30〈12〉
 自衛隊員が今より誇りを持てるようになるから19〈7〉
 その他・答えない4〈2〉
◇(「反対」と答えた53%の人に)それはどうしてですか。
 自衛隊を憲法に明記することで、自衛隊の海外活動が拡大するおそれがあるから59〈31〉
 政府はこれまでも自衛隊は合憲としており、変える必要がないから30〈16〉
 戦力の不保持をうたった2項を削除するべきだから7〈4〉
 その他・答えない4〈2〉

 自衛隊の合違憲性を問う場合、その実態がどうなっているかを正確に理解する必要があります。
 自衛隊の実態をあきらかし書物は多く世に出てきましたが、自衛隊は変貌を遂げています。当特集は、自衛隊の実像を多面的に明らかにすることを目的としたものです。
 
 構成は以下の通りです。
 「旧軍と自衛隊 シリビアンコントロールの視点から」(纐纈厚・明治大学特任教授)
 「防衛計画の大綱改定への動向」(大内要三・ジャーナリスト)
 「防衛大学校の「教育」と人権侵害の実態」(佐藤博文・弁護士)
 「現代の戦場経験から考える自衛隊の憲法明記問題」(清末愛砂・室蘭工業大学大学院准教授
  自衛隊関連文献 解説・文献編「読書ノート・自衛隊」(小沢隆一・東京慈恵会医科大学教授)
                 「漫画に描かれた自衛隊」(澤藤大河・弁護士)

【書籍情報】日本民主法律家協会が発行する雑誌『法と民主主義』2018年7月号の特集。定価は1000円+税。

【関連書籍・論文】
  自衛隊とその改編
  


  

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]