法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『音楽の力、9条の力』

H・O

 交響曲など数々の演奏会用作品をつくり、映画やテレビ番組の音楽などを手掛け、各地の音楽ホール館長なども務める、日本を代表する作曲家・池辺晋一郎さん(映画『戦争をしない国 日本』の音楽も担当)の本です。
 憲法9条の意義を評価し、しばしば楽曲のなかに平和への思いを込めてきたという池辺さんは、9条を守る運動にあたっても、「みんなで一緒に肩を組もう、腕を組もう、手をつなぎ合おう、同じことを一緒に叫ぼうというときに、歌や音楽は力になる」と言います。また、9条を維持するためには努力=メンテナンスが必要であるとし、平和の歌はその点でも大きな力なっていると説きます。それは、多くの曲をつくり、多くのコンサートを手掛けるなかで、また音楽を通して様々な分野の人々、また世界の人々と交流してきた経験にもとづく思いです。
 当サイトの「アートな憲法ルーム」には様々なアーチストに憲法9条への思いを語っていただいていますが、池辺さんの言葉は音楽関係者やそれ以外の方々の思いとも重なり、多くのアーチストが励まされるのではないでしょうか。
 この本には池辺さんが「うたごえ新聞」(日本のうたごえ全国協議会)に連載したエッセーが収録されています。付き合ってきた作曲家・音楽家のこと、映画監督など他の分野の人々との交流、趣味や日常生活の中での出来事からイラク戦争と自衛隊派遣問題など、等々が綴られています。それは社会的な問題に鋭く切り込む一方で、普通の庶民の感覚にあふれる軽妙洒脱な語り口で、池辺ファンが多いことにうなずけます。
 この本には池辺さんが作曲した合唱曲「地球の九条もしくは南極賛歌」の歌詞と楽譜が収録され、そのちょっと変わったタイトルの意味とその曲への思い、そしてその歌い方まで解説されています。

【書籍情報】池辺晋一郎(作曲家)著。2015年、新日本出版社から「空を見てますか」シリーズ第6巻として刊行。本体1600円+税。


[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]