法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

 

表現の自由を守るために・・・
葛飾ビラ配布弾圧事件最高裁の戦い

弁護士 西田 穣

*東京東部法律事務所の「2009年総会報告集」(2009年2月3日)に掲載されたものを、同事務所のご了解を得て紹介させていただきます。(法学館憲法研究所事務局)

関連情報

1 東京都葛飾区内の集合住宅のドアポストに共産党の都議会報告・区議団だよりなどを配布した行為を住居侵入とした事件が発生してから、もう4年が経過しました。平成18年8月28日に東京地方裁判所において無罪の判決が出されたにもかかわらず、平成19年12月11日に東京高等裁判所から出された判決は逆転有罪(罰金5万円)でした。なぜ、公共の政治活動が、犯罪として扱われなければならないのか、強い憤りを感じる事件です。

2 昨年11月、この葛飾ビラ配布弾圧事件に最初から関わり、4年間主任弁護人として活躍されていた中村欧介弁護士が他界しました。荒川氏の行為が犯罪とされたまま、最高裁の判断に立ち会えない中村弁護士の無念さは計り知れません。必ず朗報を墓前に届けるつもりで戦っていきたいと思います。
  なお、中村弁護士の後任として、この葛飾ビラ配布弾圧事件の主任弁護人には、当事務所の後藤寛弁護士、事務局長には私が就任します。全力を尽くしますので、ご支援のほどよろしくお願いします。

3 本件に関連する表現の自由を守るための戦いの一つに、立川自衛隊官舎ビラ配布弾圧事件があります。この事件も政治的ビラを自衛隊官舎に配布していた方々が、住居侵入の罪で逮捕・勾留・起訴されたという表現の自由を蔑ろにした弾圧事件でした。この事件も、第1審無罪、控訴審逆転有罪と本件と同じ経過を辿っていたところ、昨年4月11日に最高裁判所において、上告棄却の不当判決が出されてしまいました。この立川自衛隊官舎ビラ配布弾圧事件の控訴審判決は、表現の自由について形式的に指摘するのみの極めて醜悪な判決でしたが、この最高裁判決も、控訴審判決同様、表現の自由に対する配慮の全くない極めて「悪質な」判決でした。
  ただ光明もあります。この最高裁判決は、控訴審判決と同一の結論を導くだけのものでしたが、控訴審判決の認定事実のみならず、ビラを配布した場所の状況、管理状況、ビラを配布した方々の活動やビラの内容及びその配布状況などについて、詳細な事実認定を行っています。本来、最高裁判所は法律審と言われ、高等裁判所までで認定された事実を前提に法律解釈を示すのが役割です。そのため、わざわざ高等裁判所までに認定された事実を再度洗い直すという作業はしません。にもかかわらず、そのような事実認定を行ったのは、さすがの「悪質な」判決を出すにも詳細な事実認定をして、犯罪になる行為を限定しなければならないと考えたからだと思います。
  その意味で、葛飾ビラ配布弾圧事件特有の有利な事情をより強調していけば、立川事件とは異なる判断を勝ち取れる可能性は高いと考えています。

4 しかし、同じ表現の自由を守るための戦いにおいて、「有罪」が確定してしまったことは遺憾の極みとしか言いようがありません。「立川の恨みを葛飾で!」と言いたいところですが、立川事件の控訴審及び上告審、そして葛飾の控訴審の判決が、表現の自由を慎重に検討することなく、財産権等によって制約できるかのような論調で有罪判決を書いているところに、裁判官の憲法意識の低さが表れており、極めて脅威です。

5 ビラの配布は、個人の思想・信条等を外部に発する手段として、簡易・迅速・安価・確実な極めて有用な方法です。商業ビラから、町内会等地域の情報、政治的意見を記載した政治ビラなど、多種多様なビラが存在するのも、その有用性からだと思います。
  現在、その有用性にもかかわらず、既に出された上記「悪質な」判決により、ビラを配布する現場において、萎縮効果が発生しています。

6 捜査機関は、治安の名のもとに言論弾圧を成功させてしまったと言っても過言ではありません。私たちは、このような弾圧に屈することなく表現の自由を主張して、既に受けた大きな被害を最小限に食い止めなければなりません。
そのため多くの方の支援・協力が不可欠です。是非、共に戦っていただきたくお願い致します。

以 上

 

 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]