法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

 

NPJ「訟廷日誌」掲載情報から(5)

2008年7月26日

「PEOPLE’S PRESS」が運営するWeb サイト「News for the People in Japan」の「NPJ弁護士の訟廷日誌」には憲法とその理念に関連する様々な裁判の動向が紹介されています。
 現在アップされている情報の中で、興味深いものをいくつか紹介いたします。
 (法学館憲法研究所事務局)

ホームレス日本橋公園強制撤去損害賠償請求事件〜人として生きる権利を奪われた人たち〜
大阪市の「日本橋公園」で野宿生活を強いられていた人々が強制退去させられた事件で、野宿生活者にも当然に社会の一員として生きる権利があることを確認し損害賠償を求めています。

川崎簡易裁判所での接見妨害国家賠償請求事件
裁判官が、当初から原告に弁護人を接見させる意思がまったくなく、刑訴規則30条による接見の日時・場所・時間の指定についてさえ何も考慮しなかった事例です。

薬害イレッサ訴訟
抗ガン剤イレッサによる副作用死について、国と販売会社に対し慰謝料を請求する訴訟です。抗がん剤の承認制度の問題、製薬会社の情報開示の問題、厚生労働省のガン医療への取り組みなどさまざまな問題が提起されています。

ノーモア・ミナマタ訴訟
2004 年の最高裁判決があるにもかかわらず、国は正当な救済を行おうせず、水俣病患者の60%を切り捨てる政治決着を図っています。これを許さず、司法の場での解決を追求する訴訟です。

NHK受信料支払請求被告事件
NHKが受信料の支払いをストップした市民を対象に民事訴訟を提起してきた事件です。女性戦犯法廷を取り上げた番組が政治家の圧力で改変された事件などを理由として、いまのNHKに受信料の支払を強制することができるのかを問うています。

川崎中国人研修生事件〜研修時代の残業時給は500円〜
中国人研修生 (技能実習生)が、最低賃金違反、残業代・賃金不払い、強制貯金や旅券の取り上げ、暴力行為等、研修生・実習生の置かれた劣悪な研修・実習実態を明らかとする訴訟です。

目黒社会保険事務所職員ビラ配布事件(堀越事件)
ビラを配布していた社会保険事務所の公務員が国家公務員法違反として逮捕・起訴された事案。国家公務員の政治的自由を訴えています。

護衛艦たちかぜ 自衛官いじめ自殺事件
21歳の海上自衛官の自殺をとおして、高い数字を示している自衛隊員の自殺の背景にある、自衛隊の体質や隊員が置かれている過酷な状況を問うています。

生活保護変更決定 (老齢加算・母子加算)の取消等の請求を求める事件
生活保護法の老齢加算・母子加算を削減する変更決定が、生活保護法、憲法25条違反であることを争っています。

チチハル毒ガス事件 〜子どもたちの夢と未来を奪わないで!
中国黒竜江省チチハル市で旧日本軍が秘密裏に製造した毒ガス液により死傷した市民が日本政府に対して国家賠償を請求している事件です。

中津川市議会における発声障がいをもつ議員へのいじめ損害賠償請求事件(通称:小池事件)
下咽頭ガン手術により声帯を失い、発声が著しく困難となった市議会議員が、文書やボード、代読による発言などによる議会での発言の機会の保障を求めている事件です。

<<(4)へ


 

 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]