法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

 

『学校に言論の自由を』裁判(4)

2010年1月25日

以下、「土肥元校長の裁判を支援する会」のご了解を得て、そのブログに掲載された情報を転載します。(法学館憲法研究所事務局)

第4回口頭弁論と報告会
 
 年明けの1月14日、「学校に言論の自由を!」裁判の第4回口頭弁論と報告会が行われました。

[裁判]

 裁判そのものは2分で終わった。
 開廷してすぐに裁判長が都準備書面(2)が提出されたのを確認して、都側に「何か言うことはありませんか」と質問し、都側も「特にない」と発言してそれで終わり。次回の日程は3月11日(木)午前10時から。606号法廷。

[報告集会]

 その後隣接の弁護士会館で報告集会を行った。
 最初に土肥元校長が挨拶。「都側の反論はいつも早く終わる。都教委には説明責任があるのに、肝心なところについて全く説明しない。そのような都教委の姿勢を皆さんに考えてもらいたい。」

吉峯弁護士:
 今回の都の準備書面では次の3つが書かれている。
1.原告主張の1〜7についての反論・・=>当方は事実関係を各項目について争う。
2.本件不合格処分について・・・=>土肥元校長が生徒・保護者・同僚から得ている高い評価をみると、校長の適性について疑う余地のないことは明らかで、都の低い評価は「はじめから不合格にするための恣意的なものと言わざるを得ない。
3.消滅時効(不法行為が成立しているけれど時間が経っているので不問に付す)について・・=>消滅時効の主張をしてきているのは都側が不法行為の成立について不安になっているためか。
今後憲法的観点や教育学的見地から学者の鑑定意見書を提出したい。すでに3氏に依頼している。

土肥元校長:
 都教委の反論は事実と違う。なぜ事実を認めないのか。(具体的事実を列挙)。提出資料の高橋史郎氏のサンケイ新聞コラムについては、どうして都教委のように解釈できるのか。彼は校長の意思決定の参考のために職員の意向を聞く採決・挙手は構わないと言っている。
 都教委に「個別的職務命令を発することと、卒業式の適正実施とどちらが重要か」と質問したら、職務命令だと答えたのには呆れた。都教委は自分の命令に従わせることの方が重要で、その結果が招く事態についてはどうでもいいのだ。私は都教委のロボットになるために校長になったのではない。人間として生徒に接していきたいから校長になった。ゆえに当然校長の人権も尊重されなくてはならない。
(参加者約45名)


<<(3)へ

 

 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]