法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

浦部法穂の憲法時評

 

脳死と臓器移植


浦部法穂・法学館憲法研究所顧問
2009年7月13日

 臓器移植法の改正案が参議院で審議中であり、採決も間近いようである。衆議院では、A案からD案までの4案が提出され、どれも過半数の賛成を得るのは難しいのではないかとの予想に反して、最初に採決されたA案が可決された。このA案は、「脳死は人の死」と規定し、脳死からの臓器移植について15歳以上という年齢制限を取り払い、かつ、本人の事前の意思表示がない場合でも家族の同意によって臓器提供を可能とするもので、脳死した人からの臓器移植を一番広く認める案であった。移植を待つ人や移植医からは最も歓迎される改正案である。臓器移植については、臓器提供の意思表示カードが必ずしも十分に普及せず、「臓器不足」が深刻な問題とされていることや、現行法が15歳未満の子どもについて「脳死」判定を認めていないことで移植を必要とする子どもが助かる道を閉ざしていること、こうした国内での臓器移植が困難な状況の中で海外へ行って移植を受ける人が増えてきて国際的にも問題となっていることなどから、現行法の改正の必要性が関係者の間で強く求められてきたところである。

衆議院で、「予想に反して」A案が可決されたのは、間近に解散・総選挙を控えた議員たちが、「助かる命を助けようとせず放置している」という非難を避けようとして、あとから採決される案の成否が不透明だからとりあえず最初に採決されたA案に賛成しておこうということで、賛成票を投じたからであろう。A案の妥当性や問題点が十分に検討されたうえでの結論であったとは、とうてい思われない。その意味で、参議院においては慎重のうえにも慎重に審議されなければならないといえる。
 
それ以上に、私は、脳死と臓器移植をめぐる議論の仕方自体に大きな疑問を感じている。それは、一言でいえば、移植を受ける側の命に比して「脳死」とされる人の側の命が軽んじられているのではないか、という疑問である。脳死と臓器移植をめぐる議論においては、移植に消極的な意見は「移植すれば助かる命が目の前にあるのに、諦めて死ねというのか」という非難にかき消され、臓器移植の拡大こそが「人道的」でありそれを認めない社会は冷酷な社会だ、といった意見のほうが優位に立っているようにみえる。あるいは、海外で移植を受けるために何千万円もの募金を集める運動は、人道にのっとった崇高な運動として報じられたりもする。だが、私は、こうした議論や報道の仕方は、「助かる命」の裏側に「助からない命」があるという厳然たる事実に目を閉ざしているような気がしてならない。

 そもそも臓器移植という医療は、生体からの移植は別として、他者の死を前提として成り立つ医療である。だから、「移植を待つ」ということは「他者の死を待つ」ことでもある。しかも、そこで待たれている「死」は、いわゆる「天寿を全うして」の死ではない。たとえば交通事故などによって、人生まだこれからというのに突然命を絶たれる死である。そのうちで、移植が可能となるのは、病院に運ばれて懸命の治療も甲斐なく「脳死」状態となった場合だけである。正直なところ、私は、他者のそういう「死」を待つ医療というものに、ずっと釈然としないものを感じてきた。

もちろん、移植以外に助かる道はないという人やその家族といった当事者の立場からすれば、「他者の死を待つ」ことはつらいことではあっても、にもかかわらず移植の機会が増えることを願うというのは、当然の気持ちであると思う。もし私が、たとえば自分の子どもが移植以外に助からないという状況に置かれていたとしたら、どんなことをしても移植を受けさせてやろうとするであろうし、移植の拡大に消極的な意見に接すれば、「なんと冷たい人たちなんだ」と思うであろう。だから、移植を必要とする側の当事者的視点からすれば、臓器移植の拡大こそが正しい方向だという結論になるのは当然である。脳死と臓器移植をめぐる昨今の議論は、このように、移植を必要とする側の当事者的視点にたった議論だといえる。

しかし、脳死と臓器移植という場には、もう一方の当事者がいる。いうまでもなく、「脳死」とされる人やその家族である。「脳死」状態になるのは、たとえば交通事故などで脳に損傷を受けて意識不明の重体となり、病院に運ばれて人工呼吸器などの器具やさまざまな薬剤による治療が施されたにもかかわらず、回復しなかった場合である。当事者の立場からすれば、なんとしても治して欲しいと思うはずである。「脳死」といわれても、心臓はまだ動いており身体には血が通って暖かい、という身内を目の前にして、もっと治療を続ければ回復するのではないかという望みをもつのは当然であろう。そうした「脳死」とされる側の当事者的視点にたてば、「人工呼吸器によって心臓が動いているにすぎないのであって、それを外せば心臓もすぐに止まる、だからもう死んだものとして受け入れるべきだ」とか「脳死は人の死なんだから治療を続けるのは無意味だ、それよりも、臓器を役立てることを考えるべきではないか」という言い方は、あまりにも冷淡な言い方だということになりはしないであろうか。こちらの当事者的視点にたてば、「脳死」になる人を少しでも減らすことこそが追求されるべきだ、ともいえよう。

私が、脳死と臓器移植をめぐる議論の仕方に疑問があるというのは、この点である。つまり、移植を必要とする側については当事者的視点にたちながら、「脳死」とされる側については、当事者的視点が抜け落ちて科学的議論という名の第三者的視点に立った議論のみがなされる傾向にあることである。当事者的視点にたった議論は必要かつ重要であるが、一方当事者の視点のみが強調される場合には、議論自体が歪んだものになってしまうであろう。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]