憲法改正を考える

憲法改正を考えるための書籍・論稿

2022年9月5日 更新


日本国憲法の普遍と特異 その軌跡と定量的考察
著者:ケネス・盛・マッケルウェイン
出版:千倉書房
発行年月:2022年6月

憲法のリテラシー 問いから始める15のレッスン
著者:横大道 聡・吉田俊弘
出版:有斐閣
発行年月:2022年5月


君たちの日本国憲法
著者:池上 彰
出版:集英社文庫  
発行年月:2022年1月

憲法政治─「護憲か改憲か」を超えて
著者:清水 真人
出版:ちくま新書
発行年月:2022年1月

憲法改正国民投票
著者:福井康佐
出版:晃洋書房
発行年月:2021年4月


憲法改正が「違憲」になるとき
著者:ヤニヴ・ロズナイ 監訳:山元 一 ・ 横大道 聡
出版:弘文堂 
発行年月2021年1月

憲法をプラクティカルに変える 自民党「改憲四項目」からのアプローチ
著者:根本 匠
出版:中央公論新社
発行年月:2020年12月

統治のデザイン 日本の「憲法改正」を考えるために
編者:駒村圭吾 ・ 待鳥聡史
出版:弘文堂
発行年月:2020年7月

立憲的改憲 ─憲法をリベラルに考える7つの対論
編集:山尾 志桜里
出版:ちくま新書
発行年月:2018年8月

「改憲」の論点
著者:木村草太 青井未帆 柳澤協二 中野晃一 西谷修 山口二郎 杉田敦 石川健治
出版:集英社新書
発行年月:2018年7月

憲法改正をよく考えるTaking Constitution Seriously
編者:阪口正二郎・愛敬浩二・青井未帆
出版:日本評論社 
発行年月:2018年5月

憲法改正論の焦点 平和・人権・家族を考える
著者:辻村みよ子
出版:法律文化社
発行年月:2018年5月

増補版 自衛隊と憲法 危機の時代の憲法論議のために
著者:木村草太
出版:晶文社
発行年月2022年7月

憲法と世論 戦後日本人は憲法とどう向き合ってきたのか
著者:境家 史郎
出版:筑摩書房
発行年月:2017年10月

「憲法改正」の比較政治学
編著:駒村圭吾・待鳥聡史
出版:弘文堂
発行年月:2016年7月

憲法改正とは何か―アメリカ改憲史から考える―
著者:阿川尚之
出版:新潮社

発行年月:2016年5月

関連文献
憲法論3.0 令和の時代の「この国のかたち」
PHP総研